dmをfaxで製作できる業者の一覧

販売促進手段としては営業マンが店舗や顧客回りをするとか新聞の折り込みチラシや顧客名簿や過去の販売データからダイレクトメールを送付するという方法もあります。顧客を実際に回ると時間も労力、交通費もかかるものですし、新聞の折り込みチラシであるとターゲット層が絞られていないために直接関係しない場合には中身が見られずにゴミ箱へ直通することも考えられます。駅前などでチラシを配布する場合はある程度顔を見ながら手渡しすることができターゲット層をある程度絞って渡せる可能性はあります。ダイレクトメールはこれまでの顧客の購入履歴とか趣味・嗜好等からターゲット層を絞ってポストへ投函され一度は手に取って見られる可能性はありますが、それなりの企画やデザイン、印刷料その他の経費も多くかかります。

fax dmの方法のメリットやデメリットについては

fax dmは電話回線を利用して先方のFAX機に向けて情報を届ける販売促進の方法です。一斉同報の機能を使えば送信先の番号さえ分かっていれば数千から数万といった単位で同時送信も可能となるものです。他の広告媒体の場合には原稿を作成し、必要な部数の印刷が必要であり、郵送料金や配布、封筒に入れる手間などがかかって来るものですがこの方法であればパソコンで原稿を作成すれば即送信できるようになるので早く簡単に作れ、しかも安く仕上がるというメリットを持っています。届くと封筒から取り出す必要もなく文面がすぐに読めてしまうので、問い合わせや注文を行う面でもすぐに反応率や結果に結び付くことも多くなります。企業向けとされていてイベント案内などには向いているといえますが先方の用紙や印刷機能を使うこと、時間帯などによっては手間になることもあり個人向けや自営業者の場合は受け取りを好まないケースも出て来ます。

fax dmを行う業者も多い中でどう選ぶか

fax dmを行う代行業者は多く存在しています。基本料金や配信単価もそれぞれ違い、サービスの品質や高い反応率の得られるノウハウを持ち実績のあるところとか、個人情報が漏洩しなくてトラブルの対応も迅速で信頼できるサポート制がとられているところが望ましいものです。とかく価格の安さにとらわれがちですが対費用効果の高いところを探すことが大切になります。これを製作できる会社の一覧も掲示され、一括見積サイトを利用することも可能ですが多くの会社から電話がかかって来ることも多いものです。ランキングや人気の会社の中から選ぶことも出来ますし、業者ごとのホームページを調べることもできますが、実際の評判が分からないという場合もあります。サイトでは無料で相場の情報とか適正価格を案内してもらえ、見積の見方のポイントも教えてもらえるところもあります。